消費者金融のカードを財布やパスケースに入れている場合、それらを落としてしまうとカードも同時に落とすことになってしまいます。消費者金融のカードはクレジットカードのように、店で提示してサインすれば商品を購入できるというシステムにはなっていませんが、四桁の暗証番号を破られてしまうと勝手に借り入れされてしまうので、他者に拾われるのは大変危険です。
では、カードを落としてしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。まず、消費者金融のカスタマーセンターに電話し、落としてしまったことを伝えましょう。そうすれば、その時点で無効にしてくれるので、拾った人がATMで勝手に借り入れをすることができなくなります。カードの裏面には「もし拾ったら連絡してください」といった文面とともに連絡先が書かれていて、拾った人が消費者金融に連絡をしている可能性もあり、その場合は消費者金融から連絡がくるようになっています。
カスタマーセンターに連絡をしたら、警察に行ってみましょう。もし、届けられていない場合は遺失物の届けを出すことになります。既に警察に届けられている場合ですが、拾った人がどのような対応を望んでいるかによって、そのあとの展開が変わります。たとえば、現金入りの財布ごとカードを落としてしまい、拾った人が現金でのお礼を希望している場合は、拾った人の家に行って謝礼を支払い、謝礼を支払ってもらったという証明書を受け取って、それを警察に提出しないと落としたものを返してもらえません。
http://www.netlabelreview.com/syouhisyakinyu-ranking.php

周りの家族や友達にお金を借りて、もう貸してくれる方が思いつかないという方は、会社の同僚に借りるという手段もあります。会社の同僚にお金を借りる理由を正直に話してしまっては、貸してくれない場合もあるので、お金借りる口実をしっかりと考えておきましょう。
お金を借りる口実としては、かなり多いですが、上手な口実としては不幸を言い訳にすることができます。不幸の口実は、詐欺に合ってしまった、財布を無くした、葬式に出席しなくてはいけなくなった、などを会社の同僚に言うと同情してもらいやすいでしょう。これらは事前に予測できないので、しょうがないことと思わせやすいものとなります。
次に拭こう以外の口実としては、急な出来事を口実にすることもできます。急な出来事としては、身体の不調で病院に行く、車が故障してしまった、デートするお金がない、飲み会に誘われたなどが挙げられます。これらの経験をしたことがあるという方も多いので、嘘をつきやすく、ボロが出づらいかと思います。同僚からお金を借りる嘘としては優秀な部類に入るでしょう。
その他の口実としては、家賃や光熱費が足りない、生活費が足りないなどを理由にすることもできます。こちらの場合に関しては、ある程度年齢が若い方向けの口実となります。年齢を重ねた方ですと、人間としてどうかと思われやすくなるでしょう。
お金を借りる時に使う口実ですが、嘘がバレないように細心の注意をしなければなりません。バレてしまうと信用を失い、仕事もしづらくなってしまうというデメリットが生じるため、その点を把握しておきましょう。